友達には秘密にしておきたいWEB

ホームページとフラッシュの関係

ホームページ作成とフラッシュについて

ホームページとフラッシュの関係
企業ホームページなどに訪れると、トップページにはフラッシュによる動的ページが登場するケースが多いものです。
これは企業アピールなどを行うためのページであり、最後まで動的ページを見る事も出来ますし、スキップ機能を使って本筋トなるウェブページを表示させる事も可能になっています。

ウェブページに訪れた際に、このような動的ページを見る事で、企業のアピールを伺う事が出来るわけですが、最近のホームページ作成の中には、このフラッシュを1つのコンテンツとした場合に、トップページだけではなく、ホームページの随所に使うケースが多くなっています。

これは1つのコンテンツとして、ホームページ作成を行う事が出来ると言う利点があり、HTMLの中にはコンテンツのリンクを貼る事で、ウェブページのHTMLとは別管理を行えると言うメリットもあります。
新しいページを増やす場合などでも、HTMLの内容を修正する事無く、メニューのコンテンツ部分だけを作り変える事でホームページ作成を行えるメリットは大きいと言えます。

また、HTMLでは記述が出来ないような動きも、フラッシュを使う事で動的なメニューコンテンツを作り出せますので、ある意味格好が良いホームページ作成になるわけです。
尚、フラッシュと言うのは、1つのコンテンツとして制作が行われる事になるのですが、ウェブページの中に埋め込まれている動的ファイルと言うのは、改ざんを行う事が出来ませんので、セキュリティを高めると言うメリットも在ります。
但し、このようなコンテンツと言うのは、HTMLの中に埋め込まれているため、検索を行ってもコンテンツに含まれている文字列などを検索エンジンで検索を行う事が出来ません。
そのため、SEOなどを行う場合には、HTMLの中に埋め込むべきキーワードの選定などが必要となるのです。
一長一短ではありますが、コンテンツを管理する上ではこのような方法は有利と言えるのではないでしょうか。”