友達には秘密にしておきたいWEB

WEB制作の最新技術

web制作における最新技術について

WEB制作の最新技術
web制作ではWeb標準と呼ばれる技術群を中心にWebサイト・Webアプリケーションを構築し、これに加えて、データベースにアクセスし、データを取り出してデータを加工してブラウザに結果を送り返すサーバーサイドプログラムを構築することになります。
長年Webブラウザにプラグインをインストールすることで動画やWebアニメーションをブラウザ上で再生していましたが、最近ではWebの最新技術によってプラグイン無しで標準技術だけで動画やWebアニメーションが再生出来るようになっています。
しかし、Web標準の最新技術は便利な機能が増えた一方で、未だにブラウザ間の差異を埋められない状況が続いています。
そのため、世界の多くの開発者たちが独自APIやフレームワークを発表・公開し、ブラウザ間の差異を埋めることで、ほとんどのブラウザで同じようにコンテンツを見ることが出来るようになってきています。
web制作ではブラウザ間の差異を埋める方法として、フレームワークを導入するだけでなく、ブラウザ毎に再生出来るコンテンツを決めて、再生出来る場合にはコンテンツを再生し。再生出来ない場合にはそのブラウザが持つ機能を使って代替えの方法で実現するということが行われています。
最新技術の導入はweb制作にとって必ずしも良いことばかりではないということを理解しておく必要があり、最新技術でも導入して問題が無い安定した技術だけを導入するとweb制作において効果的です。
Webサイトはネットメディアであるので、世界中で様々な技術を使ったコンテンツを導入しているサイトを数多く見ることが出来ます。
これらのサイトがどのようにしてコンテンツを実現しているのかを探れば、Web制作において役に立つ事がたくさん見つかるでしょう。
ブラウザに搭載されている開発者用ツールを使用すれば、ソースコードを見ることが容易であり、どのようなサイズの画像や動画などをサイトに埋め込むと時間がどのくらい掛かるのかなどを知ることが可能です。”